ブタクサ 【豚草】

ブタクサ道端、空き地、田畑の畦など、どこにでも見られる1年草です。原産は北アメリカで、明治初期に日本に入ってきました。ブタクサの花粉は風でよく飛散し、花粉症の原因植物としてよく知られるようになってきました。

アメリカではブタクサ花粉症患者が日本のスギ花粉症患者と同程度の割合で存在するといわれ、最も重要な花粉症の原因植物とされています。

※画像は『東京都建設局』様よりの引用です。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓