リンゴ 【林檎】

リンゴの花リンゴは職業性花粉症原因植物の1つとして知られています。リンゴを栽培している農家の人はリンゴ花粉症に罹りやすいといえるでしょう。

リンゴの木は4月〜5月に白い花が開花します。花は白から薄いピンクを帯び、花びらは5弁あります。種類により若干異なりますが、直径3〜5cm程度が標準です。実は、直径10〜15cm程度まで成長します。リンゴは貯蔵が利き、リンゴの出荷は11月〜翌年7月頃まで約10ヶ月間行われ、ほぼ1年中食べることができ、現在世界では年間約6千万トンのリンゴが栽培されています。

リンゴは病害虫に犯されやすく高温多湿にも弱いので、結実させるにはマメな消毒や管理や十分なスペースが必要です。

※画像は『庭折々☆お花見しましょ☆』様よりの引用です。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓