咀嚼運動が鼻詰まりに効く

日本チューインガム協会によると、ガムの咀嚼には覚醒作用とリラックス効果があります。これらの2つの作用は対照的な関係ですが、どんなときにガムを噛むかでその効果も異なります。

咀嚼運動によって体温、心拍数、血圧が上がり、ストレス状況下ではストレスホルモンの分泌が抑制されます。すると鼻粘膜の血行も良くなり、鼻詰まりの改善につながるわけです。

体が静の状態のときは血の流れも静になり、活発に運動すると血の流れも良くなりますが、「咀嚼」という運動が血の流れを良くしているというわけです。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓