アトピー性皮膚炎の子は将来、花粉症になると考えてもいいの?

乳児期のアトピー性皮膚炎は主に食事によるものと考えられ、幼児期から手足の関節の裏側にできる皮膚炎はダニやホコリなどのハウスダストによるものと考えられています。後者のケースではアレルギー性鼻炎や喘息が合併することもあります。

アトピー患者は血液中のIgE抗体値が高いのが特徴です。花粉症患者の血液中のIgE抗体値も高いことから、アトピー患者が花粉症になる可能性は十分に考えられますが(⇒花粉症は遺伝するか)、両者の抗体生産に対する遺伝子レベルでの共通性は見つかっていません。

アトピー性皮膚炎の子どもは将来必ず花粉症になるということはありませんが、その可能性は否定できないということで、注意は必要でしょう。




この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓