妊娠中でも治療はできるの?

花粉症治療に使用される薬は抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤があります。抗ヒスタミン剤は長年妊婦が服用してきた実績があり、必要に応じて使うことが可能です。一方、抗アレルギー剤の中には、使用実績が浅い薬もあるので、心配する人は妊娠初期(3か月)までの使用を控えた方がいいでしょう。

また妊婦の薬剤使用については慎重意見が根強く、厚生労働省の研究班による「鼻アレルギー診療ガイドライン」には、妊婦の使用実績に応じた薬の安全評価が示されているものの、「妊娠4か月の半ばまでは原則として薬物は避けた方が安全」としています。点眼薬や点鼻薬など局所治療薬はまず心配ありません。

妊娠中は胎児への影響を考えて薬を飲まずに我慢する人が多いですが、このように妊娠中も服用可能な薬もあるので、医師に相談してみましょう。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓