花粉症になると目と鼻に症状が集中するのはなぜ?

花粉は湿り気のあるところに付着し、溶け込みます。花粉が飛散して人体に付着し、溶解するのに必要な水分がある場所といえば、目と鼻の粘膜なのです。目と鼻は外気と触れる玄関口で、花粉の侵入口ともなるのです。

したがって、外気に直接触れる粘膜器官である目、鼻、そして喉に花粉症の症状が集中するのです。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓