花粉症の発症率を低くする方法

花粉症の原因=IgE抗体で説明したように、花粉症の原因は体内にできるIgE抗体です。人類の歴史をみると、サルから段々と体毛が薄くなり、柔らかい皮膚が晒されるようになると、吸血ダニに襲われやすくなります。しかしながら、体内の細菌型免疫は吸血ダニには無効です。そこでIgE抗体が体内で作られるようになりました。

ヒトは吸血ダニに襲われた時に侵入する酵素を察知すると、IgE抗体が大量に放出されてマスト細胞に取り付きます。マスト細胞に一定量以上のIgE抗体が付くと、マスト細胞が破裂し、炎症物質(ヒスタミン)を大量に放出するので、吸血ダニは炎症物質を吸込んで死んでしまうので逃げ出します。哺乳類のみがIgE抗体をもっています。

エンドトキシンと接することが多いと、花粉症の発症率は低いということも分かっています。エンドトキシンは動物の糞に多く、牛小屋などに多く漂っています。

免疫細胞におけるIgE抗体と細菌型免疫の割合は生後早い段階で決まります。そしてこの割合がそのままアレルギー体質になりやすい体質かどうかの割合になるので、エンドトキシンに接するのは、1歳までがよいと考えられています。

逆に、細菌やエンドトキシンが少なく、花粉が多い環境になると、吸血ダニが多い環境と勘違いしてIgE抗体が多くなり、アレルギー体質になりやすくなるわけです。

つまり、乳幼児期の環境が、アレルギー体質になりやすいかどうかの決定要因になります。家畜と共に暮らす環境であると、アレルギー体質になりにくいのです。環境が良くなったことにより細菌が減ったため、乳幼児死亡率が減りました。しかし、行き過ぎた環境はアレルギーを生み出しているのです。

花粉症の発症は、きょうだいの下の子ほど明らかに花粉症になりにくいのです。理由の一つとして、下の子は、上の子からの細菌を少しずつもらっているからアレルギーが発症しにくいというわけです。早期において細菌との接触が重要なのです。

体を守るはずの免疫が体を攻撃し始めたために起こっているのが、花粉症、アレルギー性ぜんそくの正体なのです。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓