花粉症の主な原因植物の開花時期と飛散期間

日本で確認されている植物の種類は約3,000種で、その中で花粉症を引き起こすものは約80種類と言われています。その中でも主な植物と花粉の飛散期間を挙げます。

1.スギ(スギ科)・・2〜4月
2.ヒノキ(ヒノキ科)・・3〜5月
3.スズメノテッポウ(イネ科)・・3〜6月
4.カモガヤ(イネ科)・・5〜7月
5.ホソムギ(イネ科)・・5〜7月
6.ハルガヤ(イネ科)・・5〜8月
7.オオアワガエリ(イネ科)・・5〜9月
8.ブタクサ(キク科)・・8〜11月
9.ヨモギ(キク科)・・9〜11月
10.ナカムグラ(クワ科)・・9〜10月

このように、1年の4分の3が花粉に晒されています。以上の10種類の植物は、ほぼ全国のどこにでもあります。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓