豆知識・・「鼻」のつくことわざ

広辞苑で「鼻」のつくことわざを調べてみると24ありました。鼻は実際の役割と同じく、ことわざにおいても重要な役割を担っているようです。

・鼻うそやぐ
 おかしさをこらえて、また、おだてられて、鼻がむずむずする。「鼻うそあく」とも。源平盛衰記(19)「佐渡鼻うそやぎて思はれけれども」

・鼻が利(き)く
 (臭覚が鋭い意から)わずかな兆候から役に立つ事柄を見つけ出す能力を持っている。

・鼻が高い
 得意なさまである。自慢げである。「孝行息子を持って−」

・鼻が凹(へこ)む
 やりこめられる。恥をかかせられる。

・鼻が曲る
 悪臭があまりにひどいことのたとえ。

・鼻突き合わせる
 きわめて近く寄り合う。いつも同じ人が顔を寄せ合っている。

・鼻突く
 主君などが、しかる。勘当する。鼻を突く。宇津保物語(俊蔭)「御供に仕うまつりたりし人々は、皆鼻突き放たれぬ」

・鼻であしらう
 相手の言葉に、ろくに返事もせずに冷淡にあつく。「ふんと−」

・鼻で笑う
 相手を見下して、冷淡にあざけり笑う。

・鼻に当てる
 自慢する。鼻にかける。狂、武悪「わごりよは時ならず川魚を取つて上ぐるに依つて、それを取つて上げさせ、鼻に当てて出勤をしたならば」

・鼻にかける
 自慢する。得意がる。「学歴を−」

・鼻に付く
 @いやな臭いがする。「安物の香水が−」
 A飽きて嫌になる。また、嫌味に感じられる。
  「自慢たっぷりな様子が−」

・鼻びしびしに
 鼻がつまってぐすぐす音をたてるさま。水っぱなをすすりあげているさま。万葉集(5)「咳(しわぶ)かひ−」

・鼻も動かさず
 取りすました顔つきの形容。傾城禁短気「−に手のよいぬけ句を仰せらるる」

・鼻を明かす
 相手がいい気になっているすきにだしぬいて、あっと言わせる。

・鼻を蠢(うごめ)かす
 自慢する。得意がる。

・鼻を折る
 相手の慢心をくじく。恥をかかせる。鼻柱を折る。

・鼻を欠く
 ひどく損をする。得るところより失うところが多い。

・鼻を挫(くじ)く
 →「鼻を折る」に同じ。

・鼻を高くする
 @自慢する。誇る。
 A面目を施す。名誉をあげる。

・鼻を突く
 @悪臭などが激しくにおう。
 A→「鼻付く」に同じ。
 B→「鼻突き合わせる」に同じ。

・鼻を抓(つま)まれても分らない
 まっくらで何も見えないことのたとえ。

・鼻を鳴らす
 甘え声を出す。甘える。

・鼻をひる
 くしゃみをする。はなひる。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓