鼻の役割

花粉症とは切っても切れない関係の鼻には3つの役割があります。

鼻の役割1.呼吸のための通路/フィルター
口からも呼吸はできますが、本来は鼻で呼吸するようにヒトの体はできています。肺の中の細胞はとても繊細で、空気がそのまま入るには温度も湿度も十分ではなく、異物が入り込むと肺炎を起こしてしまいます。そこで鼻の粘膜は空気に十分な温度と湿度を与え、異物を取り除くフィルターの役割を果たします。

またこの粘膜層にはウイルスや細菌を殺す効果のあるIgA抗体が多く含まれています。さらに、粘膜の表面からもIgA抗体と同様の効果をもつインターフェロンが生産されます。ちなみに人間(哺乳類)の母乳には、たくさんのIgAが含まれています。特に出産後数日間に出る初乳は大量に含有しており、これを飲んだ赤ちゃんの呼吸器や胃腸の粘膜にIgAが分布して体を守るのに役立ちます。

2.ニオイを感じること
美味しい料理を食べているときは至福の喜びがありますが、味覚は舌だけでなく嗅覚に頼るところが大いにあります。また、ガスや塩素などの危険なニオイを察知することができ、身を守るセンサーになります。

3.発音への関与
鼻が詰まっていては良い発音ができません。鼻をつまんで「なにぬねの」「まみむめも」と言ってみると分かります。

アレルギー性鼻炎の主な症状は、@くしゃみ、A鼻水、B鼻詰まり、の3つです。これらの3つの症状があると鼻は機能しないので本当に辛く、生活の質が低下してしまいます。

ちなみに鼻の粘膜の細胞は直径20μ(ミクロン)ほど(1μは1mmの1000分の1)。一方、スギ花粉の直径は30μ。これだけ見ると、鼻はフィルターの役割を果たしてくれそうですが、花粉の季節は大量の花粉が入り込み、それどころではなくなってしまうのです。その結果、花粉は気管支に入り込み、これが続くと気管支炎や気管支喘息が誘発されてしまうのです。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓