DNAワクチン療法

DNAワクチン療法は、減感作療法に代わる治療法として期待されています。スギ花粉からアレルギーの元となる抗原遺伝子を取り出して花粉症患者の細胞に投入するというものです。これは花粉アレルゲンのDNAを体内に入れて花粉に慣れさせようというものです。この治療法は特定の遺伝子病などに現在応用されており、動物案験では、一年前花粉症で皮膚アレルギーを起こした犬が、DNAワクチンを投与した一年後に症状が軽くなったことが報告されています。この治療法はまだ新しく、その安全性が完全なものだとはいえませんが、これからは花粉症の治療にどんどん応用されるでしょうし、その高い効果を発揮する日は遠くはないでしょう。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓