冬に鼻が詰まりやすい理由

冬の空気は冷たく乾燥しているので、夏に比べて空気を余計に暖めて湿度を与える必要があります。そうなると鼻は空気の通り道を粘膜を腫らして目一杯狭くする必要があり、理に適ったメカニズムといえます。しかし入浴で十分な温度と湿度になると、鼻の粘膜は元通りになります。

ここで注意したいのが、エアコンによる乾燥です。エアコンは確かに暖かい空気を吐き出してくれますが、湿度は保ってくれません。エアコンをつけた室内は温度が高いので、鼻は粘膜を春向きにして空気の通りを良くします。しかし空気は乾いているので、そのまま乾いた空気がのどから肺に通ろうとして、のどは炎症を起こします。できれば加湿器を併用しましょう。



この記事がお役に立てばクリックして頂くとありがたいです。
  ↓